モラハライフ

フルタイム勤務のワーキングマザーによる「家事育児」や「モラハラ」等の情報ブログです

5分でお弁当作り!料理下手ワーキングマザーの時短ワザ

      2016/08/19

朝ごはん作り・身支度・自分の身支度・お弁当作りなど、出発時間が決まっているワーキングマザーの朝は大忙し。

旦那さんの協力があるならまだしも、全て1人でやらなければいけない場合、朝が1日の中で一番大変ですよね。

どんなに早く起きてもなぜか出発時間はギリギリになってしまうものです。

イヤイヤ期の娘を持ちながらの2年間のフルタイム勤務を経て、料理が苦手な私でもお弁当作りを5分でできるようになったので、ちょっとしたコツをまとめます。 (自分1人のお弁当で5分なので、旦那さんの分や子供の分もプラスとなるともう少し時間がかかります)

※ちなみに市販の冷凍食品は使用しません。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています


 

夜ご飯のおかずを冷凍保存!凍ったままお弁当に詰めて時短弁当

魚や肉などの主食は、調理後に冷凍保存しても風味が落ちにくいものが多いです。

我が家では、夕食のメインおかずは1食で食べる分の2倍くらいは作って、食べる分以外はお弁当用に保存します。

朝すぐ詰められるように、少量ずつアルミケースにいれたものをタッパーに入れて冷凍しています。 (食べる前に温めたい!という方は、レンジOKなシリコンケースや紙製のものを選びましょう。)

多めに作って冷凍しておくべきお弁当のメインおかず

  • から揚げ
  • 肉じゃが(しらたきは冷凍に向かないので除きます)
  • 焼き魚その他肉料理

電子レンジも多用して時短!!

忙しい朝は電子レンジも大活躍です。

ウインナーもレンジでボイル!

お弁当に欠かせない(?)ウインナーは、半分に斜め切りして耐熱皿に入れて、かぶるくらいの水をいれたらレンジで1分半くらいチン。

レンジでミニハムエッグ

お皿の上にシリコンケースを置いて、シリコンケースにハムを敷き、その上に卵を割りいれます。

破裂しないように黄身にプスプスっと穴をあけたらレンジで1分半~2分チン! 塩コショウをかけたらあっという間にお弁当の主役です♪

 

スポンサーリンク


ワーキングマザーの時短弁当に欠かせない!常備しておくべきはこの3つ!

プチトマト

ちょっとした隙間をコロンと可愛く彩りながら埋めてくれるのがプチトマト!!

地味な色になりがちなお弁当もプチトマトを入れるだけで赤+緑が加わり、一気に良い感じになります。

プチトマトなら毎日入っていても飽きないですよね?

 

ゆでブロッコリー(冷凍しておく)

お弁当に緑を添えるとやっぱり見栄えが良い。 パセリやレタスが華やかになるけど、パセリやレタスは新鮮じゃないとペタっとなってしまいます。

そんな時に優秀なのがゆでブロッコリー! ひとふさ買ったら一口ずつ小分けに切って全部ゆでて冷凍しておきます。 使う時は軽くチン(私は冷凍のまま入れたりもしています。)してケースに入れ、マヨネーズを添えます。

お弁当のスキマがすぐ華やかに埋まるので便利ですよ!

 

ひじき煮(冷凍しておく)

一気に家庭的なお弁当に仕上げてくれるのがひじき煮。

冷凍しても風味が落ちないし、冷凍のものをそのまま入れても、昼まで凍っているという事はまずないでしょう。 ちょっと上級ワザになりますが、お弁当のスキマに合わせて入れられるように、大きめのカップと小さめのカップ両方用意しておくと更に便利です。

 

ワーキングマザーの鉄則!お弁当箱は職場で洗う!

お弁当箱を洗うのって、なんだか面倒ですよね!

下段、上段、フタ、ハシ、シリコンケース…など、パーツが多いし、プラスチックだと汚れも落ちにくい。

もし職場に流し台があれば、食べたあとにすぐ洗っちゃえば家での家事が一つ減ります!

 

さいごに

上記の方法で、大体毎朝5分足らずでお弁当を作れています。 しかも市販の冷凍食品も一切使わないので経済的&なんとなく体にも良いですよね。 1回500円でお弁当を買ったり外食したとしても1カ月1万円以上。 手作り弁当の習慣をつければ節約にもなります! バタバタな朝のお弁当作り時短術。参考にして頂けると嬉しいです☆

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています


 - 時短術 , ,