モラハライフ

フルタイム勤務のワーキングマザーによる「家事育児」や「モラハラ」等の情報ブログです

モラハラ夫の妻が初めてカードローンを利用した話

      2016/10/26

先日、生まれて初めてカードローンを利用しました。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています


 

カードローンて何?

カードローンもキャッシングも、自分には縁遠いことだと思っていました。
カードローンてよく聞くけど、いったい何なのか、私もよくわかりませんでした。興味もなかったし。

なんか良くないものだろうなぁという認識。
それをまさか自分が利用することになるとは、思っていませんでした。

カードローンは、辞書ではこう説明されています。

《〈和〉card+loan》銀行などの消費者金融の一種。あらかじめ決められた融資限度額まではカードで現金自動支払機を利用することによって何度でも借り入れができる。

つまり、借金です。

利息をつけて返済しなければいけないのです。

利息は十数パーセント。
その人の過去の利用履歴や、クレジットカードの返済を滞納したことがないか等の信用情報によって利息は決められています。

過去に一度も利用した事がなく、本来倹約家な私は、お金関係においては完全にホワイト。

ローンの審査もすぐ通ったし、利息も予想よりも低い利率でした。

履歴に傷がついた

新たにクレジットカードを作る際や、高額商品のローンを組む場合などには、審査というものがあります。
その審査は、収入や、過去の金融がらみのブラックな面がないかどうかを見られるものです。

カードローンやキャッシングを繰り返していれば、「この人にお金を貸せばかえってこないかもしれない」と金融会社からの信用が落ちるのは当たり前ですよね。

おそらく今後しばらくは、新しいクレジットカードを作る際の審査ハードルは上がることでしょう。

悔しくて、せつなくて、凹んじゃいます。

スポンサーリンク


なぜカードローンを利用しなければならなかったのか。

何の贅沢もしていません。服も年間1着くらいしか買ってないし。
自分もフルタイムで働いているし、本来夫婦共働きの二人馬力で、家計に数百万の貯金があってもおかしくない。むしろ貯金ができていて当たり前という年齢です。

何を隠そう私はモラハラ夫と結婚しました。

収入が厳しい夫を支えたいと思い、自分の貯金も収入も全て家計に捧げて来たのです。

関連記事⇒モラハラ夫に絶対やってはいけない!自分を苦しめることになる7つのこと

夫は既にカードローンやキャッシングを繰り返しており、限度額に達していました。

そして数百万あった私の貯金も底をつき、やむを得ず、カードローンという選択をしたのです。

色々なカードローン会社がある中で吟味して、審査が早くて利率も比較的低いところで探し、三井住友銀行カードローンを利用しました。
カードローン

まとまったお金がなくてモラハラ夫と離婚できないという人は、カードローンも一つの手段。

今回カードローンを利用してみて思ったのがこれ。
一時的なお金も捻出できず離婚に踏み出せないという方も多いと思いますが、カードローンなら月1万ずつ返済していくという事が可能です(条件にも依る)。

お金がないからと離婚できず、我慢してモラハラ夫との苦しい生活を続けるくらいなら、金融における信用情報に一つくらい傷がつくことくらい覚悟して、一時的なお金を用意して自立した方がマシではないかと思うのです。
もちろん専業主婦の場合は自分で仕事をしなければいけませんが…。

これからのこと

育ちざかりの娘もいるさなか、貧困に歯を食いしばって耐えているわけにはいきません。
このままでは将来娘にランドセルを買ってあげることもできないし、バランスの良い食事もさせてあげられない。

フルタイムで働きながら、家事も育児もしながら、コツコツと副業に取り組んでいます。

ドン底を見たとき、人は強くなれるのです。
というか、もっともっとつらい大変な思いをしている人も世の中にはたくさんいるでしょう。

生きていれば、覚悟があれば、人生いくらでも立て直しできる。

良い経験をさせて頂いたと思います。

さいごに

今回は個人的な日記のようなブログになってしまいました…
こんな人もいるんだと、参考にして頂けると幸いです☆

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています


 - 節約術・お金 ,