モラハライフ

フルタイム勤務のワーキングマザーによる「家事育児」や「モラハラ」等の情報ブログです

安い&体への負担少!抱っこ紐1万円以下おすすめベスト3

   

赤ちゃんを産んだら必ず必要になるもの、抱っこ紐。

手軽なものからガッシリしたものまで、種類も豊富!!

エルゴが人気なのは知っているけど、もう少し価格が安くて良いものはないのかな?とお探しの方に、1万円前後で買えて肩や腰への負担も少ない、コスパの高い抱っこ紐をご紹介しています。

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています


イチオシの安い&おすすめ抱っこ紐

1万円以下で買える抱っこ紐は、素材が柔らかく肩に食い込みそうなものや、肩だけで支えるものなど、長時間の使用を想定していないものが多いです。

そのような抱っこ紐を使う事は、産後の体に更に負担をかける事に・・・。

そんな中で、安くて使い勝手も良い(身体への負担も少ない)ものを調査しました!

 

結論から言うと、1万円以下の抱っこ紐おすすめベスト3の中で、堂々の第一位はナップナップ。
【napnap 抱っこひも】公式オンラインショップはこちら!

 

napnapが一番オススメな理由は後半でご紹介します!

抱っこ紐の相場ってどれくらい?

抱っこ紐の相場って、いくらくらいなんでしょうか?

2,000円~30,000弱まで、価格帯も品ぞろえも幅広い抱っこ紐。

 

安いものを買って肩や腰が痛くなり、買い替えたという話も耳にします。

 

どんな抱っこ紐が売れてる?

売れている抱っこ紐と言えば、どのshopのランキングもダントツで「エルゴベビー」が売れています。

人気の秘密は体への負担の少なさ。ママ友同士での口コミで広まっているのも大きいでしょう。

新生児から使えるものや、前向き抱っこができるものなどラインナップが多いのも人気の秘密です。

 

エルゴに次いで人気なのが、「ベビービョルン」の抱っこ紐。

新生児から付属品なしで使えることと、日本人の体格に合わせた規格が人気。

口コミ評価も高いです。

 

でもどちらも1万円後半から3万円弱。人気なのはわかるけど、金銭的にもう少しお財布に優しいとありがたいですよね。

スポンサーリンク


抱っこ紐選びのポイント

まず、抱っこ紐を選ぶ際に注意したいポイントです。

まず考えるべきは以下の2点。

  • 新生児期にも使えるものを買うかどうか
  • 使用頻度がどれくらいになりそうか

 

ひとつずつ解説していきましょう。

新生児期から抱っこ紐は必要??

新生児期なんて、そんなに出歩くこともないし、軽いだろうし、抱っこ紐は必要ないんじゃない?

私も思っていました。

ただ、新生児に対応していない抱っこ紐は、首が座ってからしか使えない=実際に使えるのは4カ月くらいからです。

0歳~4カ月までは、意外と抱っこ紐は必須アイテム。

  • 予防接種
  • 外気浴
  • 家事をする時
  • 寝かしつけをする時
  • 母乳外来

母乳外来は該当する方のみになりますが、予防接種と外気浴だけでもそれなりに外出することになります。

また、案外家の中で使うことが多いのが抱っこ紐。

新生児期から使えるものを買うか、付属品で新生児から使えるのであればそれを買っておくと重宝するでしょう。

新生児期のみ別のものを使うという手もあります。

 

価格を抑えたい派は、首が座るまではベビースリングを使うもの賢い選択です。

 

抱っこ紐の使用頻度ってどれくらい??

抱っこ紐の使用頻度が高くなりそうな方は、腰への負担の少ないものを選ばないと後々後悔することになってしまいます。

使用頻度が高くなりそうなのは、以下のような方

  • 車が使えず、移動は徒歩や公共の交通機関になりそう
  • 日中の育児はほぼ自分ひとりでやることになりそう

この2点にあてはまらない方は、抱っこ紐に頼りっきりという事にはならない可能性が高いです。

使用頻度が高くないのであれば、身体への負担重視ではなく、装着のしやすさや、デザインで選んでも良しです。

 

安い(1万円以下)抱っこ紐おすすめベスト3

それでは本題に。

おすすめベスト3の紹介です。

 

1位 ナップナップ


おすすめな理由

  • ガッシリした造りで、肩や腰への負担が少ない
  • 着脱も簡単
  • 長く使える
  • 便利な機能がたくさんある

一番のオススメポイントが、身体への負担が少ないこと!

なんと、価格は一万円を切っていながら、エルゴ並みの機能を兼ね備えているのがこのnapnap。

新生児パッド(2,570円)を使えば新生児から使えます。

くわしくはこの記事で書いています。⇒
(抱っこ紐)口コミ。エルゴ超え(!?)の機能をこの価格で!?

 

2位 バディバディ

おすすめな理由

  • 腰ベルトでもしっかり支えてくれる
  • 前向き抱っこもできる
  • 新生児から使える(横抱っこ)

 

こちらも1万円を切っていながらコスパの高い抱っこ紐。

ただし、素材が柔らかく、肩の部分の素材の丈夫さが少し弱いかな~という事で、身体への負担の少なさはnapnapの方に軍配が上がります。

 

3位 ・・・・

すみません、本当にいろいろな抱っこ紐をネットでも実際の店舗でもたくさん見てきましたが、1万円以下のものはやっぱり身体への負担が大きくなってしまうものが多く。

3位にランクインするものは挙げられませんでした。が、1万円ちょっとで買えるエルゴをオススメします!

 

1万円ちょっとで買える、エルゴベビーのセール品が狙い目。

ネットでは、エルゴベビーが激安で買える場合がありますが、正規品じゃない可能性も高く、安全性において不安があります。

でも、公式ショップで買えるセール品は超狙い目。

10,800円で買えるものや、半額近くになっているものもあり、賢いお買物ができます!

⇒公式サイトでエルゴのセール品を見てみる

 

セール価格になる理由は、これまでの傾向を見ると、新しいデザインのものが販売になる前の売り切りのため。

なので機能はそのまま。

逆に今後販売されなくなる色やデザインの可能性が高いので、プレミアム感があります。

一部をご紹介します。

エルゴベビーオーガニック/ネイビーミッドナイト 

21,060円⇒10,800円(48%OFF!)

エルゴのオーガニックが1万円ちょっとで買えるのは魅力!!しかもシンプルなデザインなので使いやすいです。

色あせが気になりやすいカラーなので、保管や干す時は日陰に・洗濯時は必ずネットに入れましょう。

⇒公式サイトでエルゴベビーオーガニック/ネイビーミッドナイト を見る

 

エルゴベビー360/ピュアブラック

25,380円⇒10,800円(なんと57%OFFです!)

前向き抱っこもできるエルゴ360の旧商品。

(新生児から使える360omniの登場により、安くなっています。)

 

腰ベルトがマジックテープになっているのがマイナス面として挙げられる事が多いですが、マジックテープで腰への密着が高い分、腰への負担が最小限。

⇒公式サイトでエルゴベビー360/ピュアブラック を見る

 

他にもセール品があるのでお見逃しなく!!

⇒公式サイトでエルゴのセール品を見てみる

 

以上、お手頃価格な抱っこ紐のご紹介でした!

 

おわり

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています


 - 抱っこ紐