モラハライフ

フルタイム勤務のワーキングマザーによる「家事育児」や「モラハラ」等の情報ブログです

抱っこ紐「tulaトゥラ フリーtoグロウ」の良い点と欠点

      2018/03/01

エルゴベビーの公式サイト『ダッドウェイ』で取り扱う抱っこ紐ブランドに、『Tula』があります。

エルゴほど知名度のないこの商品ですが、一体どんな抱っこ紐なのでしょう!?

結論から言うと、「周りとかぶりたくないからエルゴは避けたい!でも機能は重視したい!」という方にはとてもオススメです。
そんな『トゥラ』の正体について、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています


新生児から使える!beby tula「ベビートゥラ」フリーtoグロウはこんな商品

日本での取り扱いは、現在4色。

エルゴベビーを扱う会社『ダッドウェイ』の公式オンラインショップで購入できます。21,600円。

⇒トゥラ フリートゥグロウをダッドウェイ公式ショップで見てみる

まず、特徴を箇条書きで!

  • エルゴよりも柔らかくて扱いやすいツイルコットン製
  • サイズ調節ができ、新生児から、20kgまで使える
  • 装着方法はエルゴとほぼ同じ。サイズ調整はエルゴアダプトより簡単。
  • 赤ちゃんとの密着感がエルゴより高い
  • tulaはアメリカのブランドで、エルゴの販売店「ダッドゥエイ」が買収した
  • エルゴのようなベビーウエストベルトはついていない

上記の5点で説明は完結していますが、更に詳しく掘り下げてみましょう!

TULAアメリカではおなじみ(?)の抱っこ紐ブランド

TULAはアメリカで生まれたブランドで、2016年にダッドウェイが買収しました。

ダッドウェイの公式オンラインショップで販売されるようになったのは2017年から。

大元であるTULAの海外サイトでは、たくさんのバリエーションが並んでいます。

ダッドウェイのサイトの表記は「トゥラ」ですが、海外の方にとっては、「トゥーラ」と伸ばして読むのが正解のよう。

日本ではまだ4つの柄しか扱われていませんが、日本での売れ行きを見て取扱いを増やしていくのではないかと予想できます。

 

「TULAトゥラ フリーtoグロウ」は日本人向けではない??

アメリカの方向けに作られたものであれば、小柄な日本人には合わないのでは?

と思いますが、そんなことはありません。

エルゴ同様、肩ストラップの長さも腰ベルトの長さも調節できます。

腰ベルトはウエスト56センチ~140センチまで対応。

そもそもエルゴも日本人向けに作られたものではないけれど、サイズが大きすぎるという事はありません。

ただし、

超小柄でしかも「なで肩」な方は、肩ストラップが下がってしまう可能性があるので、エルゴアダプトのクロス装着の方がフィットするでしょう。

 

TULAはサイズ調整が簡単!扱いやすさが魅力!

トゥラの魅力はなんといっても『シンプルなつくりで扱いやすい』事。

赤ちゃんがお尻を載せる部分の幅の調節は、布の内側に隠されたスナップボタンの位置を変えるだけ。

上下の高さの調節も、ストラップを引っ張って変更するだけ。

エルゴアダプトはマジックテープやフロントストラップやネックサポートを変更するのがちょっとややこしいんですが、TULAはシンプルですね!

インサートがいらないのに新生児でもOKなのはなぜ!?

頭がグラグラな新生児を縦抱っこするのはちょっと心配なもの。

そもそも新生児用の抱っこ紐の特徴は、『頭を支えられる事』です。

↓エルゴアダプトの場合は、ヘッド&ネックサポートを内側に折り、赤ちゃんの頭を支えます。

tulaは、ストラップを引っ張って、赤ちゃんの頭を支える部分の位置を下げます。

またこの図↓

また、トゥラは、リングスリングや、布を巻き付けるラップタイプの抱っこ紐も販売しているブランド。

 

↓tulaのベビーラップ

このベビーラップで優しく包む要素が、baby tulaフリーtoグロウには採用されているので、新生児もしっかりホールドしてくれるんですね!

baby tulaトゥラをエルゴアダプトと比較

それぞれ、優れている点は◎、惜しい点には△で、表にして比較しました。

エルゴアダプト トゥラ フリーtoグロウ
新生児 ◎(3.2kg~20kg) ◎(3.2kg~20kg)
身体への負担の少なさ
持ち運びやすさ
扱いやすさ
ベビーベルト なし
価格 23,760~ 21,600
デザイン性
日本人ママパパの保有率 超高い 低い

エルゴ同様、眠ってしまった時のフードもちゃんとついています。しかも取り外し可能なので洗濯にも便利!!(※↓の画像のデザインは日本ではまだ発売されていません。)

 

エルゴアダプトにはないポケットがtulaにはついています!これはポイント高い!

リストに挙げた中で、特に着目すべきは以下3点です!

  • トゥラはエルゴアダプトよりも、たたんだ時がコンパクト!!
  • 赤ちゃんに合わせたサイズ調節が簡単
  • エルゴにあるベビーベルトがトゥラにはない

機能性に優れたエルゴアダプトは、なんといっても『かさばる』のが難点でした。

トゥラ フリートゥグロウは、ツイルコットン製で柔らかいので、エルゴアダプトよりもコンパクトにまとめる事ができます。

 

ベビーベルトがトゥラにはありませんが、赤ちゃんを覆う布の表面積がエルゴよりも大きく、しっかりホールドされるため、問題ないでしょう。

ベルトをつける手間が省けるのも魅力的です。

※かがむ時などは念のためしっかり赤ちゃんを押さえましょう!(どんな抱っこ紐でも同じですね!)

スポンサーリンク


トゥラの良い点&改善を期待したい点

さて、ここで良い点と欠点(改善を期待したい点)をまとめます。

良い点

  • 作りがシンプル
  • デザイン性がある
  • 持ち運びやすい

あと個人的にはtulaで抱っこした時の赤ちゃんのおしりのまぁるいフォルムがとても好きです!

 

欠点(改善を期待したい点)

  • 種類が少ない

現在日本の公式サイトで購入できるのは4種類。

エルゴアダプトに比べて無地のものはなく、色柄モノなので、好みに差が出そうですね!

アメリカではかなりデザインの種類も多いようなので、今後増えて行くハズ・・!

 

結論、baby tulaはこんな方にオススメ!

  • エルゴは周りとカブるからイヤ!!
  • シンプルなつくりが良い!!(手間はできるだけ少ない方が良い)
  • 素材にこだわりたい
  • 新生児から長く使えるものを探している

あとは今出ているデザインの中で好みのものがあれば、『買い』で間違いないでしょう!

⇒トゥラ フリートゥグロウをダッドウェイ公式ショップで見てみる

スポンサーリンク

  こんな記事も読まれています


 - 抱っこ紐